高槻双葉幼稚園では
子どもたちの「生きる力」の根っこを育てることを何より大切に考えています。

幼児期に豊かな経験をすることは、その後の人生に大きな影響を与えます。
私たちはその土台の部分を大きく、広く、豊かにしていけるよう日々子どもたちと向き合っています。
子どもたちが生きていく時代には「自ら選択・判断し行動する主体性」、「人と人とが協力をし手を携え進んでいく力」が必要な時代となります。これらは一見、目には見えにくい力です。

幼児期の子どもたちにとって生活の大部分を占める「遊び」から、子どもたちは学び、感じ、感動し、意欲を高めるなど・・・多くの気づき、学びを得ます。
私たち高槻双葉幼稚園では、子どもたちの関心・意欲・好奇心が喚起される環境を日々追求し、良質な幼児教育を行える場として努力を積んでいます。私たちが今、特に大切にしていることを紹介します。

自然とと触れ合う環境の中で…知ることより感じること

季節ごとに様々な実がなり、花が咲き、鳥や昆虫が訪れる自然環境豊かな園庭があります。移りゆく季節の変化、風の音、虫の声・・・園庭ではたくさん感じることができることがあります。私たちは、自然と触れ合う中で、まずはその変化・状況を感じてほしいと考えます。感動体験が、豊かな心を養っていきます。

遊びを深め、遊びこめる環境づくり

子どもたちの発想は本当に豊かです。その豊かな発想を生かすための環境として、「子どもたちが自ら選択できているか」、「主体的に取り組める活動になっているか」ということに重点を置いています。「遊ぶ材料・環境は自ら作り出す」・・・そんな場面が園庭・保育室ともに見られます。保育室では遊びコーナーが分かれており、遊びに集中できる、昨日の遊びを継続し発展できる環境があります。

力を合わせる経験・仲間と合意形成をする大切さ

初めての集団生活を幼稚園からスタートする子どもが多くいます。「個人から集団へ」、この大きな変化の中で、子どもたちには友達と一緒に遊ぶ楽しさ、協力したからできた経験を数多くしてほしいと考えます。
また時には意見の食い違いからケンカや言い争いは起こります。そんな時にいかに子ども達で合意し、前に進んでいくか・・・このような場面もとても大切な成長の場です。
より良く生活するために、周りと合意形成し進んでいくことは社会生活の第一歩ともとらえています。

子どもたちの「やってみたい」の気持ちを大切に

保育は、自由遊び・戸外遊び・クラスでの活動と分かれています。クラスでの活動の中では、音楽、リトミック、英語、体育をはじめ、様々な活動にチャレンジします。音楽・英語・体育は専任の講師の先生と楽しく体験できる環境があります。
どの活動も、「~をできるようにならないといけない」ではなく、「~をやってみたい!」、「~にもう1度挑戦してみたい!」という思いを持てることを大切にし、関心・意欲を高め、活動しようとする姿勢を大切にしています。

子どもの成長を通して、先生も保護者も手を取り合い成長したい

当園では子どもだけではなく、保護者も先生もともに育ちあえることを目指しています。例えば当園では保護者の方を対象に、1日先生体験(保育参加)をはじめとする、多様なボランティア活動の機会を設けています。毎年、たくさんの保護者の方が「子どもたちと一緒に楽しめる活動をしたい」という思いを持ってご参加いただき、幼稚園について知っていただいています。
先生と保護者の方が同じ方向を向いて、「子どもたちの幸せのために」を合言葉に、ともに考え、歩んでいける園でありたいと強く願っています。

食を大切にするこころ

当園では、自園調理のできる給食室を設けており、温かい状態で給食を提供しています。
給食の際には、先生からその日の給食に使われた野菜について話しを聞き、どんな働きがあるのか一緒に考えます。初めのころはわからなくてもだんだんと、「たまねぎは血がサラサラになるんだよ」といったように、働きを覚えている園児も多くいます。
食に対して関心を持ち、進んで食べてほしい。食べ物の大切さを知ってほしい。そしてみんなで楽しく食べてほしい、そんな思いをこれからも大切にいたします。

小学校に向けて

幼稚園を卒園すると小学校。いろいろと違いがあります。子ども達にとって大きな変化となるこの進学に向けて、幼稚園では当番体験、授業体験、小学生との交流など、憧れや期待を高める活動を取り入れています。
また、異年齢交流を通して、年齢のちがう仲間にも優しく接することができる機会も大切にしています。
幼稚園は小学校の前倒しとは考えていません。何でも早く取り組むのではなく、自ら考え行動する力を高め、主体的に活動できる力を高めていきます。